【イタリア文化】ボトルワインだけじゃない!10ℓまとめ買い!地元の生産者から買う楽しみ方

イタリアワイン 生産者から購入 文化・習慣


ワイン好きな私にはたまらないトピックです。(ワインとビールが大好きです)

ご存知の通り、イタリアワインはとてもおいしく世界でも一二を争う有名なワイン大国です。

普段、日本にいて私たちが飲むワインはボトルで購入することがほとんどですが、

さすがワイン大国イタリアはレベルが違いました。

そう、750mlではなく、
家で飲むだけのワインは、5ℓ、10ℓまとめて買っちゃいます!


大量買をする場合は普段飲みのものが多いです。
誰かにプレゼントする際や、誰かをもてなしする際などはボトルのワインを購入することがほとんどです。



生産者さんから購入


私が住んでいるカステリ・ロマーニにはワインを作っているところが多く点在します。
フラスカーティ(Frascati)という市で作られたワインはこの地域に止まらず世界的にも有名です。

他にも多くの場所で規模はそんなに大きくないものの美味しいワインを作り
販売している場所があり、普段よく見るボトルでの販売はもちろん、

日本ではあまり見ない大きな瓶に入れて格安で売られていることも多いのです。

レストランのハウスワイン(Vino della casa)はこのような生産者さんから購入したものを仕入れて
提供しているところも多いです。(お手頃で美味しいので最高です)


瓶を洗浄


何度も同じところに行く際は、同じ瓶を使いまわして使用します。
そのため、新しくワインを注ぐ際はしっかり中を洗浄してから注いでくれます。

注入です

大きな樽から瓶へと注入します。

ちょっとガソリンスタンドのような感じがしますね。^^


ちなみにこれは1本5ℓの瓶です。

製造の様子


ここからはワインも製造の様子です。

ぶどうを投入して、機械でモミモミし果汁を絞ります。



買取します!

この近くでぶどうを栽培している農家さんも、
ここへ来てぶどうを買い取ってもらっています。

←左の写真は、軽量中の様子です。

これもまたイタリアらしい風景です。



さすが、イタリア!


ここへ来て感じるのは、大量にワインのお手軽感です。

ワインは家庭にももちろんよりますが、食事のお供です。
テーブルには並べられ、グラス1杯ほどの少量を昼食から飲む家庭もあるほどです。

高くて美味しいワインはたくさんありますが、
イタリアにはお手頃に美味しい、安全なワインがたくさんありカジュアルに飲めるのがイタリアらしい!

ちなみに、ボトルワインの場合、値段は上がります。
(ボトルやラベル、密封作業など色々と別途工程が必要になるため)



美味しいワインが味わえる、イタリアはまさにワインの王国です。


皆さんも、ぜひたくさんのワインを試してみてください!



コメント

タイトルとURLをコピーしました