【イタリアの恋愛事情】アモーレの国イタリアで「カップル同士」のニックネームとは?在住者がご紹介!

文化・習慣

日本に比べて愛情表現が豊かで大胆な国、イタリアですが恋人同士は一体どのようにお互いのことを呼び合っているのか。


実際に、イタリア人と結婚してイタリアに在住している筆者が実際にイタリア人と触れ合って聞いた情報を元にご紹介していきます。


「ちょっと呼ばれるとこしょばい!」そんな呼び方も多くあり、
日本人同士ではあまり使うのを躊躇してしましそうな呼び名まで。というよりは呼び方ばかり!です。




母

「こしょばい」は「こそばい」という意味です。
調べると関西圏だけで使用されているようでしたので、注釈を。



この記事はこんな人にオススメです!
  • イタリア人と恋愛中の方、恋愛を始めたい方
  • 国際結婚に興味がある方
  • イタリア文化について興味がある方
  • 恋愛系の話が好きな方



お互いの呼び方は主に2種類

カップルにとって呼び方は大切で、一つの愛情表現、「あなたは、私の特別な存在ですよ」と示すための
シグナルでもあります。

イタリアでは主に下記の2種類のパターンが存在します。



イタリアでのカップルのお互いの呼び方
  • 「アモーレ(Amore)」と呼び合う。イタリア語「Love」:愛という意味
  • お互いで決めたニックネームを使って呼び合う。



アモーレ!Amore!

一番イタリアで一般的なカップル同士の呼び方です。

何かあれば、「アモーレ」、日本語で直訳すると少しこそばいのですが、「私の愛」というようなニュアンスです。英語では「My love」でしょうか。

あまり日本人では使わないので、正直恥ずかしいと思ってしまう日本の方もいるかもしれませんが、
イタリアでは普通に人前でも躊躇もなく、「アモーレ」と呼び合います。


ニックネームで呼び合う

名前にちなんだニックネームというよりは、
どちらかといえばその人の雰囲気に合わせて呼び方を使っている人たちが多いようです。

例えば彼女が小柄だから「piccola(小さな)」という単語から派生して「Pico(ピコ)」など。

また言葉の音が、雰囲気を捉えてるなどの理由から、ニックネームを付け合うこともあります。

こちらは、比較的人前で使用することは「アモーレ」に比べて少な目です。
二人の時間や、ごく親しい人といる時などに使われることが多いです。

人前では、名前や「アモーレ」という言葉を使われます。



その他の「少しこしょばい」ニックネーム

イタリアでのカップルのニックネームは?



名前負けしている自分を恥じてしまいそうなほど、とても素敵なニックネームをつけてくれるイタリア。笑

キラキラした綺麗なニックネーム
  • Tesoro (テソーロ)・・・ 宝物 
  • Principessa(プリンチペッサ) ・・・お姫様
  • Angelo(アンジェロ) ・・・天使
  • Bimba(ビンバ)・・・赤ちゃん
  • Piccola(ピッコラ)・・・小さな


動物の名前にちなんだニックネーム

動物の名前にちなんだニックネーム
  • Cucciola(クッチョラ)・・・子犬
  • Pulucina(プルチーナ)・・・ひよこ
  • Gattina(ガッティーナ)・・・子猫
  • Topina(トピーナ)・・・小ネズミ

*残念ながら、「ぶたさん」はカップル同士のニックネームにはなりません。
 「Magliarino(子ぶたさん)」かわいい響きですが、「よく食べる子」やぽっちゃりなどあまり良いニュアンスでは使われないので、もしそんなニックネームがつけられた人は迅速に抗議をしましょう!

やっぱり、小さなかわいらしい動物の名前を使って呼ばれることが多いですね!

食べ物にちなんだニックネーム

食べ物にちなんだニックネーム
  • Zuccherina(ズッケリーナ)・・・砂糖 ちゃん
  • Patatina(パタティーナ )・・・じゃがいも ちゃん



筆者は、よく「Sacchetto di patate(サッケト・ディ・パターテ)」と呼ばれることもあります。
サッケト・ディ・パターテとは2~3キロのジャガイモが網の袋のようなものに入れてよく売られているのですが、このことです。
「ノソノソ」している動きをしている時などによく呼ばれます。

「優しい」だけでない旦那くん。

「おい」「お前」「パパ」「ママ」は使われない愛の国

日本でもやや減少している男性が上目線で女性を呼ぶ、「おい(名前を呼ばない)」「お前」などはイタリアでは存在しません。
また子供の目線に合わせた「パパ」「ママ」をお互いに呼び合うこともありません。
(子供と話している時などは発生することもありますが、
 子供ができた後二人の時間でも「パパ」「ママ」で呼び合うことはほぼありません)


このように、個人を「〇〇の誰」とかではなくしっかり個人を特定した呼び名をしているのが印象的です。

「特別感」を大切に

名前だけで呼び合っていると、イタリア人の旦那君は少し冷たくされているように感じることもあったようです。(今はもう慣れているようですが)
日本人の私(結構しけた性格の私)が、「Amore」なんていつ呼べるやら。
いや、おそらく呼ぶことはないでしょう。


しかし、イタリア人カップルにとって呼び名とはとても大切な「愛情表現」の一つです。



また特に男性は女性に対して様々な愛情たっぷりの呼び方で呼んでくれるので、
呼び方によって、女性も彼の愛を感じることができ、“お互いの愛も深まる”ということです。

みなさんは、どんな呼び方をカップルでされていますか??

私のニックネームは・・・秘密です!ヒヒッ


もし、面白い呼び方があれば教えてください!(^_^)





コメント

タイトルとURLをコピーしました